2013年07月05日

懐かしい人・・・

昨年の5月まで函館にて『うどん居酒屋』を経営しておりまして・・・・。

1年ちょっとの短期間の営業でして、この間 日々閑古鳥が鳴いており、

落ちる所まで落ちたオイラ{/悲しい/}

資金も完全に底をつき、多額の借金を背負い、

正直 この世から消えてしまいたいと本気で思ったのも数え切れぬほど( ̄◇ ̄;)


そんなオイラにも唯一の救いがありまして{/ピカピカ/}

近所のオバ様や会社の方など、少人数ですが常連様もおり、

そのお客さん達と会話をするのが楽しみで{/嬉しい/}


その中の一人に、少し影のある若い女性がいまして・・・・。

月1~2度ほど、夜の10時過ぎくらいに 店から少し離れた職場から、

自転車でやってくる女性{/ダッシュ/}

深夜まで残業があるとのことで、夜食に うどんを食べにきており。


大抵、他にお客さんがいないので、アレコレ彼女の身の上話や仕事上の悩み、

今後の人生などについて お話を聞き、また暗闇の中、自転車で職場に戻る彼女・・・。

道職員ですが、結構 過酷な部署におり、話を聞く限り、オイラには到底無理な仕事( ̄◇ ̄;)


初めて会ったとき、自分の仕事にも自信があったように見え、生き生きとしており、、

仕事に燃えていた彼女。

その後、部署内でも さらに過酷な担当になった当初も『頑張る!』と元気に話していた彼女・・・・。

しかし、数ヵ月後には 顔がやつれ、生気が無くなっていくのが分かり・・・。

仕事を休業し 実家に戻ったのは、それから すぐ・・・・。

で、戻ってきた彼女と色々と今後の人生について お話{/回転線/}


彼女には もう一つの顔があり・・・それは『絵』を描くこと(^O^)

描いた絵を数枚見せてもらい、自作の絵を書いた名刺ももらって、現在も大事にとっており{/嬉しい/}



この絵や他の作品も見た時に 心に響くものがあり・・・・。

で、この子は これで飯を食うべきだ!と感じたオイラ{/ひらめき/}

なお、彼女のブログは こちら


精神的に追い詰められる仕事は辞めて、自分が本当にやりたい事をやるべきだと話し・・・。

数年 我慢して働き 資金をため、本格的にイラストの勉強をすると話して退店した彼女・・・。

その後、オイラは店を休む日が多くなり、まもなく閉店・・・彼女とも それっきり{/大汗/}


で、今日 仕事を終え帰宅し、日課となる北海道新聞夕刊に目を通すと、

14ページの『まど』に彼女の記事が!!

何と、仕事を辞め 夢に向かって歩き出しているではないか!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

やはり、彼女は絵を描くべきだったんだ・・・。


学生時代から 常に絵画が赤点のオイラ・・・・。

『素晴らしい!』と言われる著名な作品を見ても、何が良いのか分からんし{/大汗/}

そんなオイラが彼女の作品を見て、心が温まったり、惹きつけられたり、

様々な感情が沸き起こった あの日・・・・。


ただ、残念なのは 記事にオイラの話は出ていない{/大汗/}(当然か{/まいった/})

まぁ、突然 現れて、消えていったオイラの存在は、彼女にとって何の影響も持たなかったようだ( ̄◇ ̄;)

でも、縁あって知り合った彼女・・・これからも陰ながら、夢に向かって頑張る彼女を応援していこう( ̄ー ̄)



















































ebetusuika at 03:41│店主の小言・・・ 
ギャラリー
  • 懸賞品・・・
  • 今年初のイカ釣り・・・
  • 今年初のイカ釣り・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 営業再開・・・
  • 営業再開・・・
プロフィール

だい

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: