2022年09月27日

レンガタイルを貼る・・・

久々の更新(・_・)


8月からレンガ工場が請け負った

南幌での施工の仕事に従事していたが

9月に入り現場を放棄し逃げるオイラ


社長である友人やレンガ職人さんが

『タイルレンガ』の貼り方を

教えてくれるというので

平日は店をちょくちょく休業し

朝から夕方まで働く・・・。


が、毎日 それはそれはもう、

烈火のごとく怒られる

この歳になって、これほど

怒られる日が来るなんて思ってもいない


当初は職人さんの小言も聞き流していたが

数分おきに小言や圧力、怒声の繰り返しで

仕事に集中出来ず、このままだと

教えてもらう立場だが

気の短いオイラはキレると思い、

友人に詫びを入れトンずら(-_-)


オイラも昔はバイトを怒鳴りつけていたし

料理の修業時代も先輩方は厳しかったが

ここまで酷くない( ゚Д゚)


オイラも人に教える立場なので分かるが

もう それは言い過ぎだろと

限度を遥かに超えた言い方なので、

流石に途中から反抗的態度・・・。


そもそもタイルレンガの貼り方を知らないので

教えてくれるという話だったが

数日後には貼れる前提で次々に

難易度の高い仕事を要求され

出来なければ怒鳴られる(-_-;)


てか親子ほど離れているので

職人さんから見ればオイラは子供。

容赦ない・・・。


オイラ、

もう一人の友人のレンガ施工屋でも

働いているので

そっちで何を教わったんだと怒鳴られる。


いやいや、そもそも施工屋では

レンガを運んだり、モルタルを作ったり

雑用が主で、合間に友人の仕事を

盗み見してるだけで・・・。

料理の修業で言えば先輩たちが

働きやすいように準備をする追い回し。


ただ、怒られている内容は

オイラに非があるし、

この歳で出来ない言い訳をするのは

恥ずかしい。

で、数をこなせる貴重な時間なのは

間違いないので

ここはさっさと仕事を習得し

逃げようと考えたオイラ(・_・)


同じ職人の世界なので

覚え方は料理の修業と変わらず

元々、人の真似をし技を盗んで

オリジナルに変換するのは得意なので

この濃密な現場で数年分は習得しただろう。


で、来店するお客様が誰も触れないので

ここで言うけど

IMG_0872[1]

コツコツとオイラが貼りました(・_・)


施工屋の友人にも凄いなと

お褒めの言葉を頂いたが

当然ダメ出しもされる。

てか、遠慮されて これで良いじゃんと

言われるより、ダメなもんはダメと

言われた方が何倍も有難い


すぐ妥協するオイラに

妥協せず本物を作る友人。

ここはホント見習わなければならん。


なので、一部壊してやり直し・・・。

どうせなら、ちゃんとしたものを

造らんと恥ずかしい。

それに自分の店なので工期も無く

店もヒマので時間は有る(・_・)


プラス、鉄骨の柱が不釣り合いなので

レンガの柱にしようと考えていたら

本職の友人も時間を作り

手伝いに来て仕事を教えてくれると


今年中に階段下にレンガの塀も積む。

他にもアレコレと考えているが

大家には外壁にタイルレンガを張るのと

塀を作る許可をもらったが

あとは既成事実で良いべ、

大家も友人だし(・_・)


てか、やっぱりレンガって良いわ


ebetusuika at 18:48店主の小言・・・  
ギャラリー
  • クリスマス・・・
  • クリスマス・・・
  • クリスマス・・・
  • 博多へ・・・
  • 博多へ・・・
  • 博多へ・・・
  • 博多へ・・・
  • 博多へ・・・
  • 博多へ・・・
月別アーカイブ
プロフィール

だい

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ