2021年03月29日

居酒屋 ふるさと・・・

料理の道に進むとき、

30歳までに店を持つと。


その時に こういう店にしたい!と

惚れた居酒屋が有りまして。


現在の店の斜向かいにある

『居酒屋 ふるさと』


知人に紹介され通うようになって

25年以上になる。


まさに昭和の居酒屋という雰囲気で

所狭しと『ガラクタ』が飾られている

綺麗な店とは お世辞にも言えんが

まったく気を使わなくて良いし、

時間を忘れて泥酔するほど飲めた唯一の店。


若い時は 金なんか無いので

1人2千円も有れば、たらふく飲み食い出来る

ふるさとは貴重な店だった。


店の売りは『どぶろく』。

角サンの瓶に移し替え、

自家製のように振る舞うが それがまた良い


オイラが通い出した当時は

お客さんも常におり賑わい、

酪農大学生の集まりの場でもあった。


マスターも歳を取り

味覚が分からなくなった影響か

ここ数年 客足も鈍り、オイラも通う頻度が減り・・・。


で、去年から店を閉めると

マスターの『長さん』が言っていたが

先日、ついに閉店。


数週間、行灯が点かないと心配していたが

近所で偶然 長さんに会い、

『閉めたから。世話になったね』と。


もう80歳は超えており

流石に このコロナ禍を乗り越えるのは

厳しかったのだろう。


心残りは

最後に飲みに行けなかったこと・・・。


喜怒哀楽で飲んだ思い出の店が

無くなるのは やはり寂しい。


ebetusuika at 13:16 | 店主の小言・・・  
ギャラリー
  • 連日の猛暑・・・
  • 連日の猛暑・・・
  • 真イカ釣り・・・
  • 真イカ釣り・・・
  • 再開のお知らせ・・・
  • 再開のお知らせ・・・
  • 刺し盛りテイクアウト・・・
  • 刺し盛りテイクアウト・・・
  • 刺し盛りテイクアウト・・・
プロフィール

だい

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: