2015年04月20日

親友の話・・・

ある親友の話です・・・。


小・中学校が一緒で、

存在は何となく知っていたけど

話したことも遊んだことも無く。


月日が経ち、オイラは高校に進学し、

彼は調理の道へ。

で、16歳の夏に友人の家で遊んでいる時、

友人の友人として彼がおり・・・。

その時もほぼ会話が無かったはずなのに、

何故か?数週間後にバイクの二人乗りで

『おたる水族館』に行き

『イルカショー』を見ることに(´・ω・`)


いまだに何故、野郎二人で

イルカショーを見に行くことになったのかは謎・・・。

その後も友人を介し、会う事があっても

あまり会話もせず・・・。

まぁ、ただ単に無口な奴ってだけだが・・。


で、二十歳を過ぎたころにはオイラも札幌で

料理の道に進んでいたので、

彼とは休みや遊べる時間帯が合い、

毎週のようにススキノに遊びに出かけ・・・


仕事終わりに遊びに出かけ、朝まで遊んで

寝ないで出勤・・・で、また その日の夜に

ススキノで朝まで遊び、そのまま出勤(・_・;)

当時は、ホント タフだった(´・ω・`)


ちょっとした喧嘩もしたけど、

気付けば また普通に遊んでいる。

若気の至りで馬鹿な事を繰り返し、

心から笑って楽しい時間を共に過ごした仲。

今では本音を言いあえる数少ない親友(●´ω`●)


10年前にオイラが店を始めた時から

先に野幌の焼き鳥屋の家業を手伝っていた親友は

一週間に一度は閉店後に顔を出し、

飲みに出かけたり、店で朝方まで語ったり・・・。

今でも それは変わらず、来ない日が続くと

オイラから親友の店に飲みに行ったり


その親友の父親、焼き鳥屋のマスターが先日、

約9か月近くの闘病の末、お亡くなりになり・・・。

癌が発覚した当初から、親友から話を聞いており、

その後も 治療法やマスターの様子など

色々な話を聞き・・・。

亡くなる数日前に

もうダメかもと言う彼に何も言えなかったオイラ。

ずっと一緒にいた親友だから、気持ちも分かる。

だから、何も言えん。

黙って、彼の話を聞く事しか出来ん。


マスターには生前、オイラも大変、お世話になり

『商売』というものも教えて頂いた。

勝気な性格で、アレコレと手を出すオイラに

ダメ出しをするわけではなく、理解してくれて

若いうちは色々やった方が良いと・・・。

ただ、毎回 会話の最後には

『真面目にやっていればお客さんは来る』と言われ続け・・・。

多分、マスターは この思いで、30年以上焼き鳥屋を

守り続けて来たんだと思う。


今は、バタバタした状態ですが、数週間もすれば

もとの焼き鳥屋に必ず戻る。

いや、多分 親父以上の頑張りを見せると思う。

無口なマスターだったけど、素晴らしい商売人の

背中を見て育った親友も

また立派な商売人になっており・・・。


そして店を守るという覚悟を何度も聞いたオイラは、

それを信じている。


若どりの『鳥せい』 江別野幌店。

言わなくても分かってると思いますが、

マジ、美味い店です!

ebetusuika at 00:48│店主の小言・・・ 
ギャラリー
  • 懸賞品・・・
  • 今年初のイカ釣り・・・
  • 今年初のイカ釣り・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 本日の仕入れ・・・
  • 営業再開・・・
  • 営業再開・・・
プロフィール

だい

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: